Melty Salon|売上UPを目指すためのオンラインサロン

【税理士事務所提携済み】確定申告&記帳代行サービス「Melty Life」

「Melty Life」はナイトワークに勤める女性に特化した確定申告・記帳代行サービス。

領収書等をお送りいただければ記帳~確定申告まで完結
インボイス制度にも対応しています。

確定申告をすべき理由

お店からお給料(報酬)をもらう際、10%引かれて渡されていると思います。

これは、お店が代わりに税金(所得税)を支払ってくれています。
しかし、実は10%は払い過ぎなんです。

確定申告をきちんとすることで、この払いすぎた税金が戻ってくるケースがあります。
所得税は売上で決まるのではなく、売上から経費を引いた金額で決まります。 つまり、仕事で使った経費を売上から引くことで、所得税が低くなります。

会社員やアルバイトは、会社が年末調整をしてくれて、払いすぎた税金が戻ってくる仕組みですが、
皆さんは個人事業主なので、自分で確定申告をする必要があります。

ここで注意点

しっかりと確定申告をした場合、税金が戻ってくる可能性が高いですが、
戻ってきたお金はすぐに使わずに残しておきましょう。 まだ住民税の支払いが終わっていないからです。

住民税の通知が自宅に届くので、戻ってきたら税金の中から支払います。
これで、正しい所得税と住民税の支払いが終了です。

▷▶︎ 給料をもらう際に払いすぎてる税金が還付金として戻ってくる可能性も大きいです!

還付金とは?

水商売で働く方が確定申告を行う最大のメリットは、還付金を受け取れる可能性がある点でしょう。

給料明細を見ると、毎月10%の源泉徴収を支払っているかと思います。

確定申告を行えば本来支払うべき所得税が分かるので、余分に払いすぎた所得税が還付されます。
中には数十万円〜数百万円の単位で戻ってくる場合もあります。

Meltyだから安心できる理由

Meltyは水商売に特化したサービスだからこそ、ナイトワークに勤める女性にとっても安心です。

運営が元ホステスのため柔軟に対応できる◎

●昼職をしていたり、掛け持ちアルバイトなどの場合にも安心して相談できる

●忙しい女性多いからこそレシート丸投げOK!

「普通徴収」を選ぶことで、会社に副業がばれない

副業として水商売で働く方の中には、働いている会社に副業のことを知られたくないと思う方も多くいます。
会社が副業禁止などを就業規則に盛り込んでいる場合には、確定申告の際に住民税の徴収方法を必ず「普通徴収」にしましょう。
これで給料から天引きされず、自分で住民税を支払いに行けます。

料金プラン

とてもシンプルな2つの料金プラン。


Aプラン
<オススメ★>
Bプラン
毎月の記帳代行
申告書作成税理士に全て丸投げ流れに沿って
自分で申告
費用月額費用今だけお得!
6,980円4,980円
—————————-
申告書作成費用 
33,000円(年1回)
月額費用今だけお得!
6,980円4,980円
—————————-
申告書作成費用
0円(年1回)
※全て税込価格です。
※売上が年間1,000万以上の場合、消費税申告も必要のため+22,000円となります。

現在、オープニングキャンペーンのため、

“月額6,980円“→“月額4,980円”

で提供しています。今スタートした方はずっとこの価格です。

Melty Lifeとの連携サービス

Melty Lifeでは、生活スタイルを豊かにするために各サービスと連携しています。

毎月の固定費用が一気に安くなる可能性も。

Melty Lifeとの連携サービス★★

スマホ料金削減サービス
月額2,000~4,000円削減(※月額6,000円以上払っている方のみ対象)

光熱費削減サービス
→家の光熱費を最高20%削減

社会保険切り替えサービス
→国民保険料金を削減(※月額18,000円以上払っている方のみ対象)

弁護士への無料相談サービス
夜職に関わるトラブルの際も提携弁護士にいつでも無料相談できる

毎月の固定費用も一気に見直せます。

具体的な流れについて

STEP

Melty Life公式ラインの追加

まずは、以下の公式ラインを追加いただき、ご質問にお答えください。
確定申告をするかどうか自体を悩んでいる方もお気軽にご相談くださいね。

STEP

相談

各種ご相談の上、プラン等を決めて行きます。

STEP

スタート!

3ヶ月に1度、領収書等を弊社にお送りいただき、売上や経費などの項目仕分けを行います。
都度、お客様に現状を共有いたします。

STEP

年に1回の確定申告

年に1回確定申告を行います。時期は、2月中旬〜3月中旬となります。

お気軽にお問い合わせください

確定申告に関する無料相談も承っていますので、

■ 給料少ないけどやるべき?
■ 昼職もやってるけどやったほうがいいの?
■ 現金手渡しなのに何故バレちゃうの?

という相談も、お気軽に下の公式ラインからメッセージをください。